慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■洗面所の鏡から睨む男【飢】四乃四四


e0103408_2033423.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 洗面所の鏡から退魔依頼者の命を狙う怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_20104283.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の洗面所の鏡の写真。
 赤い矢印に怨霊がいる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!














 抑も鏡とは本来「蟒見(かがみ) = 蛇を見るもの」であり、己の躯を映すものに非ず。
 己を映すこと即ち此岸(欲塗れの岸)の魍魎に躬を贄げることであり禁忌を忘れた俗人の傲慢無癡な表れである。



 さて今回は洗面所から退魔依頼者の命を奪うべく洗面所から睨む怨霊の話しである。
 鏡の概略は上記にて述べたが現世と此岸を繋ぐ器(もの)にて昔は宵闇逼れば布を掛けたものであるが昨今は其のような誡めも雍れて鏡面を露にしたままだ。
 故に以前にカソリック信者からの退魔依頼の際に壁一面の鏡が地嶽に繋がっていることを退魔専門の真言密教僧殊慧が探り当て『地獄封韻札』を貼らせた次第。
 結果、今まで皿やカップが動く、怪音がする、躯を触られるなどの怪異が続いたが地獄封韻札を貼った瞬間に全ての怪異が収まった。
 地嶽に繋がれば其れこそ数十億~数兆匹の悪鬼魍魎が出入りし、最悪、地獄へ人間を引き擦り込んで咋っていただろう。
 其の恐さは鏡で禍を被った方しか理解出来ぬ。
 今後更に鏡からの怨霊の祟りを受け死に逝く者が増える。
 来年は東京だけで最低200億匹の怨霊が解き放たれ、怨霊による事件・事故が相次ぐが傲慢無癡な者達は「経済悪化によるものだ」と決め付け事態は悪化の一途を辿る。
 此れが日本だけなら『封鎖』してしまえば良いのであるが、世界的に怨霊が激増し人は大いなる艱難の逍を歩むこととなる。
 真言密教僧殊慧と「縁」を結縁し写真を文殊菩薩除魔除禍真言護符に包んでいる方は命を失うことは無いが、周りの者は怨霊に躯を乗っ取られるか将叉精神に異常をきたして癲狂と果て食糧・衣料等の生活物資の入手に支障をきたして灯火は消える。
 此れ三毒(貧・瞋・痴)の無癡にて「俺は助かる!」「私は助かる!」と利己の甌に赱ったからに他ならない。

 



 幾ら人間が死のうが、因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬ退魔専門の真言密教僧殊慧の知るところでは無い。
 死ぬ者は死ぬ。
 世界が滅びるときは滅びる。
 此れ色蘊(常に変化する物)也






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-14 20:07 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座