慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■必見!)真言密教僧ながら道教・陰陽道の秘術を習得■国すら燃やし尽くす呪詛返しの札【滅】四乃四四

  
e0103408_163460.gif
   
   ↑↑↑↑↑↑
 真似て書けば死ぬで。
 オマイ等の齧った知識では複雑過ぎて解らんわ
 文殊菩薩の梵字の痣を荼阿赧(体)に授かってるので天辺には文殊菩薩の梵字を書いてある。此れにて文殊菩薩の力を宿す。
 因みにぃぃぃ真言密教僧殊慧以外に文殊菩薩を呼ぶことも名を呼ぶこと・書くこと・相を書くこと・思うことも禁じてるわ。一応伝えておく。
 その他の仏の梵字を授かった半佛人(半分人で半分仏)も同じことをすると思うぜ。
・゜゜・└(´〆。。〆`)┐ ウッシャッシャッシャッシャ
 






 退魔専門の真言密教僧は師僧によって法術が異なる。
 真言宗の基本である三密(身密・口密・意密) すら違う。
 師僧が秘術を知っていればいるほど弟子は艱難辛苦な修行をし、晴れて伝法灌頂を受け秘術を得れば退魔専門の真言密教僧として暗裏の中に身を置き『己の身は己で守る』こととなる。
 故に徹底して因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持つこと無く魔障を滅する。
 当然乍がら同じ宗派と言う軽い「縁」により手加減などしない。
 一人で数十万~数億人と対峙しても屁攣ること非ず、立肌蹴る者全て粉砕。
 座主(真言宗で一番偉い)が魔障と化せば躊躇わず滅す。
 其れ故に退魔専門の真言密教僧は修行した寺は疎か師僧すら明かさない。





 さて今回は退魔専門の真言密教僧殊慧が持つ「呪詛返し」の札の中の一枚である。
 その他にも諸々ある。
 真言密教僧なら解るであろうが真言宗には無いものだ。
 これには『決して人が書いてはならぬ漢字』を書き、呪詛を返す力に数万倍の攻撃の力を加えたものである。
 この文字を何の術も持たず書けば焼死する。
 人が書いてならぬ文字故に赤く潰し見せている訳だ。
 「火の無いところに煙は立たず」と言う諺があるが、こも漢字は「火が点かない如何なる物も燃やし、万物の内部から焼き尽くす」。
 呪詛を掛けた相手は如何なる護符も経も効かず焼け死ぬ。
 退魔専門の真言密教僧は上記にも記したが魔障を滅するための障害になるもの如何なるものも粉砕。
 そして確実に狙った魔障を滅する。
 真言密教だけに留まらず道教・陰陽道を取り入れ、三密(身密・口密・意密) 無くとも呪詛返しの札は身を守る。真言密教の呪詛返しの札は意密が必要以上に朕垂してるしな。
 此れは一々クズに構う暇など無いってことだ。
 まぁ~左道僧に陥ったヤツは「生きた魔障」と同じ故に何十億万人滅しても五逆罪の殺阿羅漢や出仏身血にも当たらん。
 この呪詛返しの札は強力で国すら楽に燃やし尽くす。
 アホを毓てた国など滅んでも仏は罰を下さん。
 さぁ~これから面白くなるぜぇ~!
 文殊菩薩と慧光童子、九頭龍の梵字の痣を荼阿赧(体)に授かった半佛人(半分人で半分仏)である真言密教僧殊慧の法術は数千億人の術者が束になっても敵わん。
 それが何をを意味するか解るか?
 3500年前の前殷時代の国すら楽に焔で包んだ火炎鈴が真言密教僧殊慧の手元にある。
 これでも解らんだろーなぁ~。




 因みに真言密教僧殊慧の師僧は巨石を手を翳すだけで真っ二つに割るほど凄かったな。



 

by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-10-15 16:13 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座