慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■祟り度大) 普通に見ると暑いがカナーリ寒い怨霊写真!夏場のジャンバー■某企業の寮【不言】四乃四四


e0103408_13591076.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 掛けられたジャンパーから出てくる複数の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13594752.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 更に退魔専門の真言密教僧殊慧が怨霊炙り出しを掛けたところジャンパー全部が怨霊の巣窟であった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_140844.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 左下のバッグが女の生首怨霊であった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_140258.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 撮影者はこの異変に気付いていない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









 怨霊に取り憑けない物は無い。
 万物有情(生きとし生けるもの)無情(無生物)全て器(もの)であるからだ。
 人も知識を入れ、知識を出す器(もの)でしか無い。
 故に真言密教僧殊慧は因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))を捨て、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)を捨て、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)を捨て何も識(考え)えず、何も想(思う)わず仏の辯のみに生きる。
 


 さて今回はこの猛暑の中で見るのは「暑い」が、実は非常に寒い話しである。
 依頼者の息子さんは考えられぬほど交通事故に遇われた。
 それ故にお写真を頂き真言密教僧殊慧の手書きの護符に包み拿応護摩壇に祀っておったが、インチキ霊能者の呪縛を解いたため息子さんの部屋の写真を送ってきた次第。
 この頻々と起きた事故はインチキ霊能者が導火線となり、住んでいる会社の寮の窓から200m以内にある「人の死」に関る場所から怨霊を惹き込んでいたのだ。
 一番酷いのはフックに真夏に下げられたジャンパーだろう。
 真夏に普通ジャンパーを下げるか?
 この時点で正常な行動を取っていないことが解る。
 そのジャンパーには複数の怨霊が出る様子が写っていた。
 更に真言密教僧殊慧が怨霊炙り出しを掛けたところジャンパー全部に怨霊が犇きあっていた。
 その写真の左下に置かれたバッグは女の生首。
 このようにインチキ霊能者による被害が年々増加している。
 経済不況と言う縁により五蘊が遏狂い、金と言う縁によって五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)が更に烈しくなり己を餓鬼と貶める結果である。
 悉多(心)が金剛不壊であればそのような縁などに誑かされることは無い
 然し乍がら拝金主義の中で踊らされておる以上「抜け出す」妙案など浮ばない。
 精々禍根変らぬ「田舎暮らし」「自給自足」と言う癲識な事(ことなり)ぐらいしか思いつかない。
 それが人の癡かさである。
 それが人の因縁である。
 己が己を辣亂(苦しめる)性である。





 オマイ等に禍根など解らない。
 オマイ等に人の本質・根源など解らない。
 故に絶滅する。

 来年は更に人が此の星で住めない環境となる。

・゜゜・└(´〆。。〆`)┐ ウッシャッシャッシャッシャ





by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-08-31 14:04 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座