慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■心霊サイトに前倒り込み取り憑かれたアホ多数!自ら死を招くことこそ無癡■それで一家離散【癡】四乃四四


e0103408_174883.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 心霊サイトを観た方の頭に取り憑いた怨霊。
 性格が丸で別人になり家庭崩壊寸前だった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1753268.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 心霊サイトを観た方の側頭部に憑き一生残る障害を齎した怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_176810.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 心霊サイトを観た方の右頭頂部に憑き愛犬を殺させた怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1763693.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 心霊サイトを観た方が突然獣のように暴れ出し精神科に入院させた怨霊。
 今も症状は落ち着いているものの言語が動物の唸り声に近く個室から出して貰えない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1774599.gif
 
     ↑↑↑↑↑↑
 心霊サイトを観た方の健康を害し不治の病を齎した怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1781470.gif
 
     ↑↑↑↑↑↑
 心霊サイトを観た方の親から即相談を受けたときに取り憑いていた怨霊。
 自死(自殺)し涙を袖で拭う女の怨霊と殺された子供の怨霊が憑いた性質の悪い怨霊である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!














 高齢者離婚や一家離散といった家庭崩壊の増加は一般論で「困窮した経済状態により会社が倒産、また社会的不安」と挙げているが経済指数と家庭崩壊数から単純に導き出された数値であり当てにならない。
 何故ならバブル全盛期でも一家離散は約18万5千件あり、その理由は概ね「嫌だから」である。
 「家庭生活が嫌だから」と言う明確な回答でなく「嫌」の一言に注目すべきだ。
 バブル全盛期の自殺者数2万人を超え、離婚数約19万件。
 厚生労働省人口動態統計によれば1年間の婚姻数73万1千件に対し離婚数が25万件であり経済情勢によって左右されていないことが解る。
 平均発生間隔は「43秒ごとに1組が結婚」、「2分6秒ごとに1組が離婚」すると言う計算になる。
 価値観・性格の不一致で離婚が主と言われているが、長短関らず同棲生活で互いが将来の伴侶であるかどうか解るはずであり、詳細に調べると「嫌」の一言に辿り着く。
 1~5年内であれば「華の命短く」と言われる女性もやり直しが利くであろうが、10~20年になっては再婚侭ならず、不一致と言う自尊によるもので有責性を問えず慰謝料は貰えない。
 「ALL IS MONEY」を謳う現代人が男女共に「1銭の得にもならない = 履歴に傷が付く」ことを知り乍がら一方的に家庭を放棄し、自らを泥沼状態に貶める。
 是れは仏法で言う八苦の中の五蘊盛苦からきているものであり、因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))が崩れたことにより起る。
 互いを支えあう意が、各々生きている(心身の活動をしている)だけで苦しみが次々と湧き上がり「嫌」となるのである。
 五蘊を左右する因縁は「過去の罪障」であり、因は『原因』・縁は『条件』で間接的な要因により左右される。
 第三の要因が引起すことを意味している。



 さて今回は心霊サイトを観て怨霊に取り憑かれてしまった話しである。
 一見、一家離散に繋がらないように思えるが、是が密接に繋がっている。
 怨霊に取り憑かれた場合の多くは羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にて性格が一変するのからである。
 仕草や好みも当然乍がら変り羝羊住心(禽獣の如き心)にて三毒妄念を滾らせ、赤子宛らに貪り、餓鬼宛らに己の思考を拒む輩に怒り自尊しか無く、畜生宛らに牙を向け無痴・愚痴にて「おれが正しい」と威張られては縁者・無縁者に関らず相手方の五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))は変り、中には嫌厭するあまり弑してしまうケースもある。
 それが怨霊の恐ろしいところである。
 近年になって心霊サイトが急増し、其れを己の好奇心と言う癲癡にて観た結果怨霊に取り憑かれてしまうケースが多くなった。
 退魔専門の真言密教僧殊慧の依頼の中にも「性格が急に粗野になり辺り構わず暴力を振るうので怨霊に憑かれているのではないか見て下さい」がある。
 写真を見た結果9割近くが怨霊に取り憑かれている。
 中には未然に「子供が心霊サイトを観ているので怨霊が憑いているか見て下さい」と依頼されることもある。
 悉多(心)が正常を保っている場合は退魔した後に取り憑いた怨霊写真を見せれば「2度と観ない」のであるが、羝羊住心(禽獣の如き心)になってしまっては退魔しても確実心霊サイトに気触けてしまうためネットを切断させ、携帯電話も解約させることとなる。
 それほど怨霊は性質が悪い。





 心霊サイトの運営者の殆んどは退魔の術を知らず、観る者を遏狂わせる。
 観た者が怨霊に憑かれ人を殺そうが、自死(自殺)しようが心霊サイト運営者が法的に罰せられることは無い。
 故に泣き寝入りしかないのである。






by 殊慧(しゅすい)


 
 
 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-08-23 17:17 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座