慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■医療保護下の創価学会員のアパートが火事!その状況で聖教新聞を売りに来る創価学会■外道【煩】四乃四四


e0103408_12523261.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 玄関脇に憑いていた怨霊。
 舌舐め擦りしている様子から性質の悪さが解るであろう。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13103621.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 靴箱の中にいた怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13105733.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 ゴミ袋の中に赤子の生首が写っていた。
 目つきが鋭く、獣も憑いているため危険度大。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13111441.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 キッチンに転がってきた生首怨霊。
 その上に別な怨霊の顔上半分が睨んでいる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13113351.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 廊下の光の中に潜んでいた怨霊。
 闇の中の怨霊より性質が悪く、陽が差しても暗くする。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13115027.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 洋服箪笥に憑いていた怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









 外道とは仏法を踏み躙り、然も仏の教えらしく編纂に編纂を重ねた贋せな経典を売り捌き、人の帑から在るだけの銭を巻き上げ簀巻きにして川へ突き落とす者のことを差す。
 日本国内で日本仏教会に入れぬ創価学会や幸福の科学は此れにあたる。



 さて今回は医療保護を受けた創価学会員の住むアパートが原因不明の出火により家を失い、その片付け中に別な創価学会員が其の状況を見ながら聖教新聞を売りにきた話しと怨霊の話しである。
 抑も創価学会とは立正佼成会と同じく日蓮宗から分派し破門された集団。
 維新革命クーデターを起した華興会の北一輝と牧口常三郎(初代会長)、戸田城聖(二代目会長)が「仏教を中枢とする学校教育に大変革しなければ此の国の未来はない」と立上げた共産主義よりの組織である。
 資本家や金権政治家を敵視し貧困層を救済しようと嗾けて若い将校を刺激し5.51や2.26事件の発端となった中心人物の北一輝、仏法を履き違えた牧口常三郎、政治に宗教を取り込もうと無意味な思想の戸田城聖の三毒妄念が合わさった暴走集団であった。
 そこで終らせれば良かったのだが、そこに悪徳サラ金の厚生商事の営業マン池田大作が入ったことにより攻撃の矛先が変る。
 池田大作が朝鮮人でありソンテジャクと言う在日朝鮮人名を持っていることを調べなかった過ちが、後の地下鉄サリン事件で一躍有名になったオウム真理教の資金提供で解ることとなるのである。
 創価学会とオーム真理教の関係は坂本弁護士一家殺害事件で使われた車がレンタカーであり借主が創価学会員、そしてオウム真理教の広報部長だった上祐史浩が外国特派員協会の会見で「オウム真理教の諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会です」と公の場で言っている。
 その27人は地下鉄サリン事件後に全員姿を消し未だに見付かっていない。
 事件の複数宗教を裏付けるかのように地下鉄サリン事件が起きた直後に創価学会と幸福の科学が「犯人はオウム真理教です」とビラを配ったのである。
 警察ですら何が起きたのか解らずの状態でいたのにも関らず何故?オウムと断定出来たのか?
 そら犯人だからでしょうね。


 
 さてさて医療保護を受けている創価学会員の方は退魔中継者を通して依頼を受けたのであるが、その時既に住んでいたアパートが原因不明の出火で全焼。
 「何か憑いているか見て欲しい」とのことであった。
 「耳や頭、腹に怨霊が憑いてます」と真言密教僧殊慧が言い怨霊共全て滅したのであるが、退魔中継者から「実は依頼者は両耳が殆んど聴こえないんです。体も色々と悪い」とのこと。
 それはあれだけ怨霊に憑かれたら体が悪くなら無い方が異常である。
 そして火災現場に後片付けを手伝いにいった退魔依頼者。
 そこに創価学会員が来たのである。
 不運にも火災に合われた創価学会員に労いも無く、漫くさと胎蔵界曼荼羅の大日如来部分を「南無妙法蓮華経」とお題目に変えただけのインチキ日蓮曼荼羅を持ち帰り、聖教新聞の購読をすすめる始末。
 正に外道。
 その後、「引っ越すアパートの部屋の写真が欲しい」と真言密教僧殊慧が言ったところ退魔依頼中継者から火災に合われた創価学会員の引っ越す(引っ越した)アパートの中の写真が送られてきた。
 もう怨霊の巣窟である。
 掲載した写真は一部であるが至るところ怨霊だらけ。
 護符を真言密教僧殊慧が書き、不動明王の掛軸を掛けさせた次第。
 毎日、火災に合われた創価学科員は般若心経を唱え脱会への道を歩んでいる。






創価学会は破法学会に改名せよ!
 オマエ等生きてても害にしかならんから生体臓器提供しちゃえよ。




 




by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-07-23 13:12 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座