慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■携帯電話中継基地に棲み憑き、携帯を移動する怨霊の証拠写真!■文明は必ず害を生む【業】四乃四四



e0103408_155224.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 携帯電話中継基地のトタンに憑いてる女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_1554430.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 携帯電話のパラボナアンテナの中に立つ怨霊。
 アンテナはご存知ように灰色若しくは反射しない白で塗られ「何かが写りこむことは無い」。
 反射させないことの理由は高層ビルに必ずある航空機衝突防止表示灯の妨げならないようにとの方針からである。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_1562444.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 同じくパラボナアンテナに憑く旡蹙(恨み)で叫び続ける女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_1565935.gif

   ↑↑↑↑↑↑
 携帯電話の中継基地の壁に憑く子供の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_1573078.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 携帯電話のケーブルに憑く怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_15215720.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の携帯電話にパラボナアンテナ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_15222179.gif

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の携帯電話中継基地。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 科学発展と産業文明の発達に密接な関係があることはご存知だろうが、大いなる害毒を散ら撒いていることを知る者は少ない。
 日本の経済発展で問題になった環境汚染から食物連鎖で発生した人類史上最初の病気であり『公害の原点』である水俣病。
  厚生省は調査に乗り出したが「原因不明」とし、「水銀中毒である」と熊本大学水俣病研究班が政府に認めさせる始末である。
 そこに政府の隠蔽工作があったことは言うまでも無い。
 その他にも新潟第二の水俣病、三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水が引起したイタイイタイ病、空襲で壊滅した海軍燃料所の跡地に工場を建てた東洋紡績・東亜紡織・平田紡績の大気汚染で引起された四日市喘息がある。
 血液精剤やフィブリノゲンによるAIVや肝炎は人為的公害だ。
 このように文明発達には殆んど人の害に繋がるのである。




 さて今回は以前真言密教僧殊慧ブログでお話しした携帯電話を怨霊が移動し被害が拡大しているお話しである。
 「●●が原因である」と言っても現代人は証拠を見せなければ納得しない傾向で、だからと言って調べない。
 インターネットの普及により情報を幾つでも取られるのだが、可笑しいもので政府発表やニュースで流さない限り信用はしない。
 故に気付いた時には被害甚大で心身障害者を増加させ、死亡者は国民の数の半分を遥かに超えることとなる。
 また「外国人を移民させれば良い」となる。
 これが日本の特性だ。

 さてさて話しを本題に戻そう。
 これは大阪の携帯電話中継基地の写真だが、見える部分だけで怨霊数数万匹。
 外観とアンテナのみで数万匹故に業者しか覗けない建物の中は凄まじい状況だろう。例えるなら通勤ラッシュの山手線状態。
 近くで禍をなしてきた怨霊共は携帯電話の中継基地、PC回線中継基地、テレビ回線中継基地に集まり「好きな家」へ直接的に移動し憑き殺し捲る。
 これが怨霊の移動手段の変化である。
 然し乍がら対策は当然のようにされず、これからも解決策は出ない。
 「幽霊はいない」と世界で唯一大学に超心理専門科が無い国なのだから。



 


 携帯電話で衛星回線を利用すれば其の国だけで被害を出してきた怨霊を他国へ放つ!
 解るか?バカ共!

 




by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-07-03 15:25 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座