慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■交通死亡事故を興味本位で撮影し怨霊に取り憑かれバカ一人死亡■人の不幸を撮るバカ増加【報】四乃四四


e0103408_13345473.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 バカが撮影した交通死亡事故には顔面が潰れた女児の闕蘊(彷う魂)が映っていた。
 この元写真を殆んど疎遠になっている中学時代の同級生までにも送っていたのだからバカは始末におけない存在である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_13391816.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 死亡交通事故を起した車両には「事故を引起した」怨霊が舌を出し笑っている姿も映っておった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


     

     
e0103408_13393158.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 バカが所有角度から写した死亡事故直後の写真の一枚。
 ここに顔面が潰れた女児の闕蘊(彷う魂)が写っている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









 交通事故数は微増であるのに対し交通事故死亡率が約30%近く上昇している。
 年間平均の死亡事故者数は約1万人。
 死亡事故の上昇は交通渋滞による救急車到着の遅延、事故発生増加と反比例した相次ぐ小都市の病院閉鎖である。
 しかし、この中に含まれていない『事故車に群がる一般人撮影者』の存在があることを携帯電話を持つ方なら身に覚えがあるはずだ。
 死体に群がるハイエナ宛らに事故車を撮影するバカ軍団のお陰で一分一秒争う救急隊員の妨げになっているのだ。
 携帯電話普及率70.4%。
 殆んどの方が撮影機能付きの携帯電話を持ち何某か興味を持った対象物を撮影。
 そこに良心の呵責の欠片すら無い。
 そして「金にはならないが会社や仲間の間で話題になる」と言う徒のコミュニケーションとして事故車を撮影。
 これが文明の人を兇気に走らせる作用である。




 さて今回もまた交通死亡事故直後を自慰的誇示のために撮影し祟られ死んだバカの話しである。
 撮影したバカは死んでいるので退魔依頼はバカから事故写真を送りつけられ障りを受けている方である。
 そのバカとは会社の同僚であるらしいが「友達と呼べるほど親しくない」と言うのだから、このバカは何十人~何百人に写真を送ったか定かでは無い。
 ここが恐ろしいところで「チョッとでも知っている名前であれば添付ファイル」を見てしまう方が居るということだ。
 それは「何だ?」と言う興味から「何かあったのか?」と言う心配まで様々であるが、用件に「同級生が死亡しました」と書かれていれば見る。
 それをこのバカはやったのである。
 「中学の〇〇が〇日に死亡しました。至急連絡を」と。
 そして交通事故で死んだ女児の怨霊に憑かれて一週間後に首吊り。
 バカが勝手に死ぬのは構わんが、疎遠になっている方も含めバカは手当たり次第に忌まわしい事故の写真を送り付ける。
 故に一生同級生や同僚から「バカだったな」と言われ続けるのである。
 また恨まれ続けるのだ。






 オマイ等も事故を写真に撮ってるとそのうち死ぬ。

 




by 殊慧


 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-06-18 13:41 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座