慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■怨霊が棲み憑いた家!怨霊は住民を「追い出す」か「殺す」かの二択■昼間家を歩く怨霊写真【滅】四乃四四


e0103408_12572531.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 昼間に部屋に立ち住民を威嚇する怨霊。
 歯を剥き出す顔は猿ソックリだ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁

e0103408_16592034.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 その顔のアップ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_131394.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 堂々と歩いて移動する怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









 瞋恚(怒り)・寇恝(憎しみ)・旡蹙(恨み)に膠りし闕蘊(彷う魂)に陽の光明も厄に立たず。
 衆生の五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))など己の思惟にて光明に見えて光明に非ず。
 昕に想えて夙であり本質窺えず。
 廈に憑きたる闕蘊(彷う魂)は光明を暗澹にし、住む衆生の掵奪う也や。



 さて今回は家に怨霊が棲み憑き、昼夜関係無く家の中を跋扈する話しである。
 怨霊の中には確実に「殺す」死魔、「追い出す」魍魎がいる。
 相(すがた)が見えること即ち人の中の七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)を怯く頓かせ「追い出す」怨霊である。
 相(すがた)も気配も無い死魔は確実に其の家の住民全てを殺す。
 家の中を歩き回る「黒い影」を昼夜見ている依頼者は、その怨霊の出現が大胆になり退魔専門の真言密教僧殊慧に依頼してきた次第。
 中には住民との境を提案する怨霊がいるが、其れは死魔に似て「住民を殺さない」が「来る者は殺す」・「殺す者を他から呼ぶ」手段を使い、退魔専門の真言密教僧にとって人質とするのである。
 しかし、幾ら人質をとっても真言密教僧殊慧には六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)無く、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)も無いため怨霊ごと住民を消し去るのみ。
 怨霊に悉多(心)赦すなかれ!
 悉多(心)赦せば汝等も魔障として滅す。





 怨霊に対話など効かん!
 逆に取り憑かれるだけじゃ。このバカチン!






by 殊慧
[PR]
by shino11yoshi | 2010-04-27 16:59 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座