慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■依頼者は敬謙なクリスチャン!部屋の鏡張りが地獄の通路と化した例■サタンすら楽に粉砕【破】四乃四四


e0103408_1425975.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 壁一面鏡から部屋に出てきた黒い人魂。
 数百の性質の悪い怨霊の塊であり、如何にしても相(かたち)を現さない。
 キリスト教では此れをサタンと言う
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_14262752.gif
   
     ↑↑↑↑↑↑
 壁一面の鏡から睨む怨霊。複数の怨霊が重なり顔を成している。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14271766.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 同じく鏡から睨む怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14304933.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 鏡の中を移動する人魂。
 鏡と鏡の境界線が前にきているため鏡の中で動いていることが解るだろう。
 大きさはバレーボール位。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_14313688.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 依頼者に取り憑いていた怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14323684.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 部屋の至るところを飛ぶ人魂。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_1433314.gif
    
     ↑↑↑↑↑↑
 問題の壁一面鏡の部屋。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


 





 鏡とは元来「蛇(かが)を見る」呪術の道具であることを殊慧ブログで説明した。
 昔から鏡は忌み嫌われ、日本の場合には夜になれば鏡台に布を被せたものである。
 鏡とは現世と異界を繋ぐ器(もの)にて能く鏡に怨霊が映ることは其処等のクソ心霊雑誌でも載せられているため解って頂けると思う。


 
 今回は敬謙なクリスチャンからの依頼である。
 此処では物が飛ぶ、音が鳴るなどの怪異が続いていたが依頼者本人は然して気にしていなかったようであるが真言密教僧殊慧との仲介役である陰徳を積む方から写真を送られ、そこに映る怨霊の数々をお見せしたところ退魔を依頼してきた次第。
 此処の家の問題は、前に此の部屋を持っていた方が壁一面を鏡にしてしまい、其れに気を使わなかったところにある。
 各部屋の写真を撮らせたところ人魂や怨霊が至るところにおり最悪の状況であった。
 また相(すがた)が明確にならない黒い人魂が厄介で、これをキリスト教ではサタンと呼ぶ。
 しかし、退魔専門の真言密教僧殊慧にしてみればサタンであろうがナンであろうが一匹の魔障に過ぎず秒殺。
 如何なる魔障であれ粉砕し、一気に数億の魔障も滅する。
 我、真言密教僧殊慧は魔障を狩るために生き、それ以外に興味など無い。
 己の役割を果たすだけである。





 宗教の根本は神仏を崇めることにあり、それ以外は宗教と呼ばない。
 神仏を持たない宗教は拝金主義にて五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を良かれと嗾ける「生きた魔障」である。






by 殊慧
[PR]
by shino11yoshi | 2010-04-16 14:36 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座