慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■人を喰らう大禍!怨霊を一匹祓えたくらいじゃ~タダの餌となる■その数を増やす大禍【楽勝】四乃四四


e0103408_14394134.gif

   ↑↑↑↑↑↑
 大禍に襲われる男性。
 襲撃された仲間が撮られた写真。当然ながら世間に公表出来ないため警察に没収された。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1440119.gif

   ↑↑↑↑↑↑
 某M県の警察から入手した大禍に食われた方の写真。肋骨はおろかチンタマまで食われてる。
 警察では「事故死」扱いである。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






 一兆の瞋蘊(怨む魂)など我真言密教僧殊慧の前では紙屑と同じ也。
 嵒(やま)を摧き、汨(うみ)を荒まく仏の前に砕摧出来ぬ色蘊(常に変化する物)非ず。
 我の逍を雍ぐ色蘊無し。
 我に歯向う羯墮無し。



 さて今回は大禍の話しである。
 大禍についての説明は此のブログを見ている方が多いため今更説明することもあるまい。
 この人を喰らう大禍が出た場所はM県である。
 アホカスクズの心霊スポットマニアには殆んど知られていない某廃トンネルを棲家とし人を攫い喰らっていたようである。
 大禍の餌狩範囲は広く数十km~時には数百kmにも及び、素早く人を狩るため滅するのは至難の技となる。
 又、見つけたとしても大禍には如何なる結界も経も効かず、如何なる武器も効かない。
 故に退魔専門の真言密教僧が出張ることとなる。
 写真の男性は仲間数人とキャンプ中に廃トンネルを見つけ、中に入って探検していた帰りに大禍からの襲撃を受けた。
 襲われる者を尻目に仲間は車でその場から逃げて数時間掛け警察に駆け込んだ次第である。
 未知なる物に襲われれば普通はそうするだろう。
 していなければ今頃は仲間も餌となり此の世には居まい。
 そして某警察から入手した写真のように腹を食われた死体で発見された訳だ。
 警察官の中にも真言密教僧がおるため警察で手に負えない事件は退魔専門の真言密教僧に伝えられる。
 そして駆除(滅する)のである。


※事件が起きた年月日は被害者が特定されるため教えない。






 オマエ等の知らない所で退魔専門の真言密教僧が事を済ませるお陰でオマエ等アホ達が平和に暮らしていってるんだぜ。





by 殊慧
[PR]
by shino11yoshi | 2010-04-02 23:13 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座