慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■日本中の風呂場を移動し数十万人憑き殺した怨霊人形■一番危険な浴室【楽に滅す】四乃四四

  
e0103408_12373721.gif
   
      ↑↑↑↑↑↑
 偶然に風呂場の鏡に相(すがた)を晒した怨霊人形の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_12375896.gif

      ↑↑↑↑↑↑
 怨霊人形の全身写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_12381327.gif

      ↑↑↑↑↑↑
 怨霊人形の顔アップ写真。
 既に目や口が無い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






 人形の説明は以前詳細に記事に載せたため敢えてこの場で言う必要はあるまい。
 人形は傀儡と言われ、人の相(かたち)をした器(もの)である。
 故に幾らでも其処等に漂う瞋蘊(怨む魂)を摂り込み、多いときで数千万の怨霊の巣窟となるのである。
 さてさて人間が尤も無防備な場所は菩薩(努力精進を惜しまず修業の道を行く僧)であっても厠(トイレ)と室(むろ=風呂場)であろう。
 己の欲の塊たる糞や小便を出し、世俗に黷れた垢を流す場所であるから気が澱み、悪鬼魍魎の餌場となる。
 そして知らずに取り憑かれ死ぬ。



 さて今回は退魔専門の真言密教僧殊慧が追っていた日本全土の風呂場に出て数十万人憑き殺した怨霊人形の話しである。
 神出鬼没なため相(すがた)が捉えることが出来ず、其の人形の器(なか)に数千万の怨霊を宿し乍がら気配を消すため今まで滅せられずにいた。
 真言密教僧殊慧と「縁」ある者には殆んど手書きの文殊菩薩除魔除禍真言の書いた護符で侵入を防いでいたが数万人であり追い詰めることが出来ぬまま「縁」無き者が犠牲になっていた次第。
 「縁」無き者を救う五蘊の受(情け)など持たぬが、如何なる法(もの)も滅ぼすほど厄介な存在になっては困る。
 そして遂に無差別に人を憑き殺してきた怨霊人形の相(すがた)がデジカメにて映され、伝手を頼りに真言密教僧殊慧へ届けられた。
 即座に結縛の真言を写真に書いて封じ、護摩焚きにて地獄へ堕とさず三世(過去世・現世・未来世)から消し去った。
 この怨霊人形と同等な力を持つ人形は日本に30数体あり、真言密教僧殊慧は追いかけている。
 早く捕まれば良いが、捕まらなければ死者は増える。
 そして何処かの街が崩壊するであろう。




 オマイ等が幾ら「エクソシスト」本を出したところで、五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を良かれとするオマイ等が魔を産んでいることに気付かない。
 で、オマイ等「無仏教」の輩を一掃する札を書き徐々に死に絶える。仏の痣を授かった半佛人(半分人で半分仏)にとってオマイ等は邪魔な生きた魔障でしかないしぃぃぃ。





by 殊慧

[PR]
by shino11yoshi | 2010-03-28 12:42 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座