慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■今の建築はトイレに怨霊を棲み憑かせる造り!怨霊のせいで一家心中増■無知が家族を死に【不浄】四乃四四


e0103408_13322569.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 トイレの壁に映る嗤う女の怨霊写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





 『厠(かわや)』とは「川の上に設けた小屋」の意。 
 『雪隠(せっちん)』とは「人に隠れてひっそりとす」の意。
 『御不浄』とは女性が用いるその名の通り不浄は場所の意。
 上記の言葉は何れもトイレを差す日本特有のものである。
 トイレのことを方角を含む言葉である「東司」、「西浄」と現すのは仏教寺院であるが、東司は僧侶が使用するトイレを指し、西浄は俗人が使用するトイレを指す。
 「東司」とはもともと便所の守護神のことである。
 故にトイレの場所や包囲は鬼門(北東)や裏鬼門(南西)に作らない。



 さて今回はトイレの方角が悪いために棲み憑いたケースを紹介しよう。
 現在、デザイン建築と持て囃された方角を無視する建築が罷り通る。「使い勝手が良い」「見た目が良い」と言う浅はかな考えで忌なる家を建てる。
 そして自ら禍を呼び、大掛かりな退魔をしなければならない家が多数。
 入居して1カ月もしないうちに一家心中・一家虐殺など起る。
 現に約230万人の多重債務者のうち一家心中する方は約2万7000件と一割を超えている。これは「不況だから」と括るのは早計で『どうなるのか』という根本的考えを麻痺させているのである。
 一家虐殺犯罪は年間5件ほどであるがDV被害者相談件数は年々20%増しにあり現在2万5210人。無相談者はその100倍はいると生活安全課で考えられている。
 人を兇気に走らせるものは社会状況じゃなく、悪境を貪底まで思わせる怨霊の仕業が大きい。
 ましてトイレを潔める方法など現代人は知る由も無く毎回毎回使用するたびに怨霊の囁きにて三毒(貧・瞋・痴)を増加させられる。
 そして箍が外れ狂行に走るのである。
 この写真を見て解るが不幸な家の中を女性の怨霊が嗤っている。
 早めに退魔したが一歩遅れれば、知らず知らずのうちに怨霊に思考まで動かされ己の人生を棒に降る結果となったのである。




 アホカスクズ集合体の新興宗教にゃートイレに纏わることも解らん。
 なんたって信者から「如何にして金を毟るか」しか考えてネーからな。





by 殊慧



 
 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-03-08 13:37 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座