慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■神主の地鎮祭も済ませた新築の家に親子の怨霊が棲み憑いた事例■どの家も安全では無い【穢】四乃四四


e0103408_12472753.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 昼間でも堂々と家の中を歩き回る母子の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




e0103408_12483698.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 母親の怨霊の顔。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_12492018.gif
 
    ↑↑↑↑↑↑
 本来の旡蹙(恨み)しか持たぬ顔を晒す母親の怨霊。
 髑髏のような顔を見れば解るが既に死魔である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_12494073.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 どこからでも覗いてくる子供の怨霊。
 三匹いる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








 衆生慾にて蘽毒の如く黷し五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)の嗜い法を旁りては四世(無常・苦・無我・不浄の此世を常・楽・我・浄と見誤る)を蔓延らせ、癡から権を振り回す者也。
 其れにて此の豸は痘の如く爛れ、陽は向くことせずに月は蔭を落すばかり也。
 猩の瞬きを凌ぐ禍に灘ちて衆生の髑髏は眦より涕を滴らす。


 
 さて今回は神主による地鎮祭も滞りなく済ませ、現を担ぐ大工が建てた新築の家に住み、直ぐさま子連れの怨霊に取り憑かれて一家離散の危機に陥ったケースの紹介である。
 家とは単なる器(もの)では無く人を守る役目も果たすのであるが、昨今では魔を跳ね除ける辛気臭い旁りを嫌いモダンで瀟洒な家を好みお伽の世界に浸りたい莫伽者が多い。
 故に、無明(物事の真実を知らない)な頭にて妄念膨らませ、その土地の謂れや過去を識らずに墓場と化す家を建てる。
 帑から銭を巻き上げることしか脳が回らぬ畜生の如き大手建設商社は、そこが古戦場であろうと墓地であろうと沼であろうと地均しをして巨大な墓場を生み出す宅地を生み続ける。
 出てきた骨など砂利と一緒に塵捨場に抛る。
 線香の一本も灯すことなどしない。
 結果、慾と慾の漫罵にて己や己の子供の命を差し出す生贄台が出来る。
 其処に住めば必ず禍が起き、人死にが続く。
 そうして真言密教僧殊慧へ泣きつくのである。
 人とは何処まで慾を満たすことしか考えないのか。
 命を喪ってからでは既に遅い。
 タワケが!!




 アホカスクズ共は死ななきゃ治らんか!




by 殊慧
[PR]
by shino11yoshi | 2010-03-02 12:54 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座