慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■交通死亡事故をムービーカメラで撮影し祟りを受けた例■心霊映像会社の取材者も死亡【報障】四乃四四

e0103408_14422680.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 仏の畏敬など知らぬアホカスクズが事故の音を聞き、車で駆けつけ怨霊を撮影。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_14432171.gif
  
    ↑↑↑↑↑↑
 自身の亡骸を見て叫ぶ闕蘊(彷う魂)のアップ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






 性欲・物欲・名声欲が罷り通り有漏(煩悩を有する)を当然だとする現代社会の陋習に於いて根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩は決して喪うこと無く、忌の際に尤も寇恝(憎しみ)や旡蹙(恨み)、嫉櫺(妬み)を彊く在り万人は菩提(悩みのない境地)に行くことは無い。
 故に昨今は虻蚊のように大量発生した其等の闕蘊(彷う魂)と果て他人に憑き禍を起す。
 現代人は仏に獻敬も無く三毒(貧・瞋・痴)に流され、傲慢無癡にして『生』に享楽しか冀め無いことが原因である。
 三毒とは【嬰児宛らに貧にて饕り饕り限度無く、餓鬼宛らに己の愉を拒む輩に瞋恚りて呶鳴り呶鳴り自尊を剥き出し、畜生宛らに駈り駈り無痴・愚痴にて「俺が」と嚶ぶ】猗のような常であり、傲慢無癡とは【己が匡しいと省みず、明(物事の真実)を矚ず知識のみに撚よる】癡かな鄙懐のことである。
 僧侶が凡夫の如く髪を伸ばし嬶を娶り、破廉恥極まりない性行為をし、櫑を抱えて酒を咋って悪鬼魔障を滅するなど非ず、己の説法は総て獨となることを赦す仏法界が末法を氾げていると言っても過言では無い。
 アホカスクズの集合体な新興宗教は五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を良かれと嗾け懦弱な者を魔障に変える。
 其れ故に日本は世界に類を見ない魔窟と果てているのである。


 さて今回は愚かにも家の近くで囂しくドガンという衝撃音と共に女性の轟く絶唱に「人身事故だ!行ってみるか」と言う漏欲から友人を伴い現場へ車で行きムービーカメラで撮影し祟られたケースの紹介だ。
 撮影したのは依頼者がハンドルを握っていたため友人。
 現場に昵くにつれモニターにノイズが走ったのであるが、魔障特有の警告を無視し撮影を続けた。
 そして現場付近でモニター越しに闕蘊(彷う魂)を撮影。
 「撮れた!撮れた」と友人は鼻息を荒げ囃騒いでいたそうだ。
 血塗れで転がる亡者とそれを見て嚶び声を上げる闕蘊(彷う魂)。
 そして『金欲しさ』に心霊映像を集めDVDにする某企業に送った。
 其の会社から来た取材者船橋氏が不可解な事故死をし、そこから祟りが始まったのである。
 撮影した21才の筒田君が自殺。家族も原因不明の病に罹り現在も通院中。
 依頼者は半身麻痺に陥り車椅子生活。
 こんな羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にて報障に懊む依頼者など抛って置くのが真言密教僧殊慧の掟であるが、このような不悉なアホカスクズな屬で出ぬため依頼を引き受けた次第。
 魔障は即滅したが、未来世を矚て同じ過ちを犯す依頼者の病は治すことはしなかった。
 何故なら、一生己の罪過に丐辣(苦しみ)て黷れを取らねば此の者は死して涅槃に往けないからである。
 此れが真の仏の慈悲。




 己を地獄に堕とすのは己自身!
 「エルカンターレ」と叫ぶたびにオマエ等は穢れる。

 



by 殊慧


 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-02-08 14:49 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座