慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■入院して患者が突然死ぬ理由!病院は怨霊の巣窟だからだ■死霊封じの護符なしで救えん【怨霊】四乃四四

e0103408_1055825.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 ベッドの下から緑の顔を覗かせ睨む死魔。
 目から上しか顔を出していない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_10552949.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 ベッドの格子から患者の生気を吸い取る死魔
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_10555030.gif
    
     ↑↑↑↑↑↑
 ベッドの下から覗く白血病で亡くなった子供の死魔。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





 俗にいう『怨霊』には网恝(憎しみ)と瞋恚(怒り)しか無い。
 取り憑かれれば良くて『心と体』を壊し、最悪『死ぬ』。
 故に『祓う』のでなく『滅っす』る真言宗の法術を使わなくてはならない。
 何故なら『祓う』は『他に追い遣る』ことであり違う方に禍を成すか、時間を掛けて『祓った』方に取り憑くからである。


 さて今回は病院に入院し医師から『大丈夫です』と太鼓判を捺され乍がら、突然に様態が悪化し『死』に至らしめられるケースが多いことを紹介しよう。
 一年に軽度で入院し突然容態が悪化し死亡するケースは年間平均6万9980人にも上る。
 その90%が死魔によるものだ。
 それを防ぐには真言宗の護符二種類と真言密教僧殊慧が行っている法を確実に行わなければならない。
 それ以外に病院内での突然死は防げん。
 死した者は横死(不意の死)にて死魔の許で怨霊と果て他人を死に至らしめる。
 



 そこらの仏教の経を読んだとて死魔は滅せられん。




by 殊慧
[PR]
by shino11yoshi | 2010-01-20 13:04 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座