慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■怨霊を呪術者が閉じ込めた祟り人形!99%気付かれない怖い代物■依頼者一族不審死続発【十年累】四乃四四

e0103408_1231679.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 普通の僧侶には只の人形としか見えないが、真言退魔僧殊慧には太い針が見えて『十年累』と言うことが解った。






e0103408_1251195.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 護摩焚き終了後の写真。
 呪術者が己のかけた呪いの千倍返しを受け苦悶の表情で死んだ顔の写真。
 呪いを行った者は、護摩焚き中に家が出火し家族5人死んだ。
 一匹たりとも呪術者、左道僧を逃さず生きながら滅してやるぜ!死にやがれ。
凸( ̄◇ ̄メ) アスホー





 「親しき仲にも礼儀あり」と格言があるが、この本当の意味を知っている方は少ない。
 『礼儀』は人間・社会関係の秩序を維持すべき行動と捉え勝ちだが『有職故実』のことである。
 有職故実とは「依処となる典故」。
 その中に呪いも含まれる。

 さて今回紹介する人形は『十年累』と言う日本の古典的呪術を施されたものである。
 『十年累』とは怨霊を呪符によって縛り付け一族を絶やす呪術で呪術者・左道僧が尤もポピュラーな方式。
 呪符によって怨霊を隠しているため、殆んど99.9%気付かれず所有家に忍ばすことが出来る怖いものだ。
 この人形の持主は親族が不規則ながらも不審な死を遂げるため真言密教僧殊慧のところに退魔依頼をしてきた訳である。
 不審死した親族の数は40人。
 全員がどうして死んだのか医学的に解らない。

 早々に人形を見たところ太い針を感じた。
 そこから『十年累』と判断。
 早々に護摩焚きした訳だ。
 護摩焚きした後に写真を撮ったところ呪術者の写真が映った。


 この呪術者は当然ながら仏罰を受け死んだ。火事により家族も含め5人一緒に丸焼けである

(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ! 



 この世の中の左道僧や呪術者、魔女は生きながらにして全て滅する。
 魔物は生きていようがいまいが全て滅するのが退魔専門の真言退魔僧殊慧の役目だ。
 魔物の家族も慈悲などかけず全て滅する。地獄へ堕ちろ!BABY。

 今まで左道僧や呪術者を法力で殺した数2万人
 テメエ等は真言密教僧殊慧の狩りの獲物だ。
 殺されたくなければ殊慧を楽しませてくれるべく汗だくになり宇宙の果てまで逃げろ!
 

 




by 殊慧
[PR]
by shino11yoshi | 2009-11-21 12:17 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座